建て替えをお考えの方

お電話でのお問合せはこちらから 0120-160-526

建て替えをお考えの方

建て替え時に必要な費用

一般的、平均的に建て替え時にかかる別途費用を算出しております。
更地を購入して新築を建てる場合と比べて、別途かかる費用です。
なお、個別の条件により詳細は変動しますので、必ず各機関、業者へご確認ください。

建て替え時に必要な費用

解体費

今お住まいの建物の解体、処分、整地までの費用です。
木造2階建て、30坪とした場合

解体費は、既存の建物を取り壊すのに必要な費用です。その建物の規模や構造によって費用は異なります。

【建物の解体費】

床面積(1階、2階含む)の坪あたり3万~3万5千円が相場です。

解体費 30坪×3万円5千円  105万
消費税 105万円×5%  5万2.5千円
合計 110万2.5千円

※建物の、構造、敷地の条件により単価は変動します。

登録免許税 (建物滅失登記)

現在の建物の登記を抹消するための申請です。解体後1カ月以内にしなければなりません。通常は司法書士または、土地家屋調査士が代行してくれます。申請のみで登録免許税はかかりません。

登録免許税(建物滅失登記) 無税
司法書士、土地家屋調査士の報酬 4万円~5万円程度

仮住まい

建て替え期間中の仮住まいが必要になります。
家escortの場合、標準工事期間は6カ月としております。荷物の搬出先の確保、解体作業の期間も考えると2カ月程度余分に見ておいた方がよいでしょう。

仮住まい家賃は、工事期間 (解体+建設) の6〜8ヶ月分と敷金、礼金が必要になります。
仮住まい家賃 家賃×8カ月分程度
敷金 家賃×2カ月分程度
礼金 家賃×2カ月分程度
仲介手数料 家賃×0.5カ月分程度
30坪木造二階建ての住宅を建て替える場合
仮住まい家賃 8万円×8カ月  64万円
敷金 16万円
礼金 16万円
仲介手数料 4万4千円
合計 100万4千円

1年以内の短期の仮住まいですので、ここでの費用は出来るだけ抑えた方が良いでしょう。
その分、新しい家具、家電にまわす方が賢明かと思います。

引越費用

仮住まいへの引っ越し、仮住まいから新居への引っ越し、往復分かかります。
引っ越し費用は時期により金額が大幅に変わりますので、予めの検討も必要です。

引越費用 20万円~30万円(※時期や業者さんにより変動あります)

建て替え時に必要な費用のまとめ

建て替え時に必要な費用のまとめ

住宅の建て替えを行う際は、建築費用の他に以下の費用が必要になります。

建て替え時に必要な費用

30坪木造二階建ての住宅を建て替える場合の参考例
解体費 110万2.5千円
登録免許税 (建物滅失登記) 5万円
引越費用 30万円
仮住まい費用(敷金、礼金、仲介手数料含む) 100万4千円
合計 245万6500円

おススメ

測量、境界明示

解体されると敷地がわかりやすくなります。古い建物ですと、隣地境界が以外とあいまいな場合が多いのです。その土地を明確する為に、一度測量し、隣地との境界を明らかにしておく良い時期でもあります。今は隣地との関係が良くても、相続した後、世代が変わると揉める種にもなりかねません。この時期の測量、境界明示をお勧めします。
土地家屋調査士が担当してくれます。

費用は、土地の形状、登記状況、隣地との接続数等によってかなりばらつきがあります。
ただし、最低でも10万円程度は必要になります。

家escortの家づくりについてお気軽にお問い合わせください

物件ギャラリー

コラム    京都建築家一覧